高知県三原村公式ホームページ
>>>トップページ > 「三原村移住促進共同住宅」
〒787-0892 高知県幡多郡三原村来栖野346 TEL 0880-46-2111
■「三原村移住促進共同住宅」利用者募集要項
三原村は、高知県西部の山間地域に位置し、人口約1,700人、周囲を四万十市、宿毛市、土佐清水市の三市に囲まれ、東西14.4km、南北9.5km、標高450〜850mの山脈に囲まれた盆地状の地形を形成しています。
村の約85.4%を山林が占め、耕地はわずか5.7%にすぎません。

平成11年度に、村内全域の圃場整備事業が完了した、水田約280haを利用し作られているお米は、「みはら米」と評され「おいしいお米」と評判です。
そのお米を利用して、平成16年に「どぶろく特区」に三原村が認定され、現在7戸の農家が「どぶろく」の製造をしております。11月3日に例年行われる 「どぶろく農林文化祭」は、三原村一大イベントなり、1日で約4,500人の方が訪れてくれます。

現在三原村では、ユズの産地化を図っており、約32haのユズの作付があり、50haまで作付拡大を目指しております。この取り組みは、三原村農業公社 が核となり「農家の農業所得向上」を目指し進めております。そのため、将来の担い手としてI・Uターンの方を始め広く、呼び掛けを行っています。

この他にも、高知県が指定している伝統的特産品である「土佐硯」の里としても知られています。
そんな、自然と人情の厚い三原村で農業や工芸品に関わりながら、暮らしてみませんか?
写真
写真 写真
共同スペース:研修・ミーティング等利用 共同キッチン
写真 写真
個室スペース:
シューズボックス・冷蔵庫・ミニキッチン・洗濯機・机・テレビ・エアコン・ベッド・バス・トイレ完備
1.施設の場所
(1)所 在 地 → 高知県幡多郡三原村宮ノ川字五反田1149番地1 三原村農業構造改善センター敷地内
(2)アクセス ▲ 高知龍馬空港から車で約3時間/JR高知駅からJRくろしお鉄道宿毛平田駅下車、車で約15分
(3)周辺施設 ▲ 敷地内買い物拠点施設「みはらのじまんや」
        ▲ 三原村役場・診療所・JA・郵便局等1Km圏内にあり
2.施設の概要
名称   三原村移住促進共同住宅
竣工   平成26年3月30日
構造   鉄骨平屋
延床面積 217.80u
部屋   7室(シューズボックス・冷蔵庫・デスク・テレビ・洗濯機・ベット・エアコン・バス・トイレ各室完備)
共同スペース  調理室・食堂兼研修室・トイレ

利用料金  長期15,000円(月額:消費税・水道・光熱費・食費別)
      短期 1,000円(日額:消費税・食費別)
駐車場   8台駐車可能
3.利用の条件
(1)利用期間 → 通年(最長2年まで利用可能。)
(2)長期利用要件(1ヶ年以上2ヶ年まで)
 @ 三原村で暮らしてみたい方。
 A 村民及び他の利用者と積極的に交流する意思を有すること。
 B 共益部分の維持管理に係る共同作業に参加する意思を有すること。
 C その他「施設内で動物(身体障害者補助犬を除く。)の飼育をしないこと。」など施設の管理運営に関する諸規定を遵守できること。
(3)短期利用条件(5日以上1ヶ月未満)
 @三原村で暮らしてみたい方。
 A管理運営に関する諸規定を厳守できること。
4.申込方法等
(1)申込期間 → 随時募集
 ※定員になり次第締め切りさせていただきます。
(2)申込方法 → 所定の申込用紙を提出してください。
(3)選考方法 → 書類審査及び面接(申込者に別途通知します)
5.申込及び問い合わせ先
〒787−0802 高知県幡多郡三原村宮ノ川1130番地 三原村農業構造改善センター内
三原村集落活動センター推進協議会
電話 0880−31−7839 FAX 0880−31−7840
【管理者】
三原村移住促進共同住宅利用者募集要項(PDF形式)
三原村移住促進共同住宅利用許可申請書(PDF形式)
三原村移住促進共同住宅利用許可申請書(Wrod形式)
〒787-0892 高知県幡多郡三原村来栖野346 TEL 0880-46-2111
Copyright(C)三原村役場 All Rights Reseved. E-mail: soumu@vill.mihara.kochi.jp